ペット保険の気になる保険金について

ペット保険はどのような場合にお金が支払われるのか、また、どういった場合にはお金が支払われないのかについて、気になるところです。

ペット保険は保険会社によって補償内容が異なりますが、怪我や病気で通院、入院、手術をした場合の補償、ガンが原因で手術をした場合の補償があります。
他にもペットが他人に怪我をさせてしまったり、他人の物品を壊してしまったりというような、飼い主に法律上の損害賠償責任が生じた場合の補償などこういった場合にペット保険の保険金は支払われます。

飼い主によって生じた怪我や病気、故意や過失で治療を怠った場合や、ワクチン接種やフィラリアなどの予防行為にあたる場合、ペットの怪我や病気にあたらない去勢手術、避妊手術、帝王切開、マイクロチップ挿入など、こういった場合は保険金は支払われないケースもあるので注意が必要です。
ペット保険も私たち人間の保険のように、たくさんの安心がつまっています。

請求方法についてはペット保険対応病院以外は、一旦全額を窓口で支払い後日請求する形のようですが、対応病院であれば自己負担分のみを支払うだけで良くなっています。
さまざまな対応があるようなので確認してから病院へ行くようにして下さい。